正したいスキンケア法と生活習慣

スキンケアの見直しを

スキンケア用品は普通肌、乾燥肌、脂性肌、混合肌、敏感肌のどの肌質に自分が該当するのかを知り、その肌質にあったスキンケアアイテムを選ぶことが効果的です。また、たとえば乾燥が悩みであれば、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった具合に、悩みに効果的な成分が配合されているものを選ぶことが大切です。さらに、パラベン・フェノキシエタノールなどの防腐剤、着色料のタール系色素といった、肌に刺激のある成分が含まれていない商品であることも確認しましょう。

このような、肌によいスキンケア用品を購入して使用を継続するのはよいことですが、肌のコンディションというのはスキンケア用品の使用だけで決まるわけではありません。肌質や悩みに合った安全性に優れている商品を使っていても、ケアのしかたに誤りがあったり、生活習慣に問題があったりすると、どんなに効果の高い商品を使っていても、その効果が十分に発揮されないだけでなく、肌のコンディションが悪くなってしまうことにもなりかねないでしょう。スキンケア商品を使っているのに肌のコンディションがイマイチよくないという方は、日々のお手入れのやりかたや生活習慣に原因が潜んでいる可能性があります。

このサイトでは、間違ったケアのしかたや悪い生活習慣についてまとめていますので、気になる方はぜひご一読ください。そして見直しをしてみることによって、肌のコンディションに変化があるか確認してみるとよいでしょう。


《 スキンケア関連おすすめサイト 》
丁寧なスキンケアを行っていても、日焼けや乾燥など天候により肌のコンディションが乱れることもあります。特に日焼け対策は一年中欠かせないもので、飲む日焼け止めなどで継続的に続けることが大切です。飲む日焼け止めについては、こちらも参考になります ⇒ 飲む 日焼け止め