正したいスキンケア法と生活習慣

生活習慣の改善

つい夜更かしをしてしまうなど睡眠不足の方は、毎日十分な時間の良質な睡眠を確保しましょう。肌の生まれ変わりであるターンオーバーの活性化は、成長ホルモンの作用によるものです。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、十分に睡眠をとりましょう。とりわけ、入眠後3時間が一番ホルモンの分泌が活発になるとされています。ところが、睡眠リズムが崩れていたり、睡眠時間が足りなかったりすると、正常に成長ホルモンが出なくなります。十分な睡眠時間を確保するだけでなく、毎日できるだけ同じ時間に寝て起きることが大切です。

また、運動不足も肌のコンディションには悪く、ストレッチや速歩など適度な運動を習慣化したいところです。体を動かすことで血のめぐりがよくなり、体中の細胞に酸素や栄養が届くことで、新陳代謝がアップします。また、運動は気分転換にもなり、肌のコンディションに悪影響を及ぼすストレス発散にも効果的です。

そのほか、食生活が乱れがちな方は、肌によい食事を積極的に取り入れましょう。腸内環境を改善する食物繊維や発酵食品、血のめぐりをよくするビタミンEや鉄、肌が生まれ変わるサイクルを正常化するタンパク質、亜鉛、ビタミンA・Cを十分に摂取することが大切です。